大きいサイズの着やせ効果を最大活用 きれいな着やせ術

HOME > 上手な着やせ術 > 着やせ効果を最大活用

着やせ効果を最大活用

着やせ効果を最大活用

着やせ効果を最大活用

着やせする服を着て、着やせに成功したあなたになる事が

あなたがダイエットにも成功する大きな動力になるはずです

あなたは、もっとご自身をキレイに装わせることが上手になれば
もっと積極的に、もっと明るく前向きになれると思いませんか^^

体だって、ちゃんと記憶力があるそうです!

着やせを常にしていると、体が覚えて、すっりきしゃっきり 体型さえ、美しい曲線美に変わっていくといいます

どうか、難しく考えず、知識を得るような気持ちで 着やせメールを受け取ってみませんか?^^

簡単なやり方で、あなたのサイズがいくつもダウン! 信じられないくらいほっそり見えてくるのなら、試してみないのは損!

知らないのはもっと損です!

着やせ効果を最大活用

着やせ効果を最大活用、もっとスリムに

着やせするということは、どういうことなのか… 正しく理解していらっしゃいますか?

世の中には、着やせする人がいれば、逆に着太りしてしまう人もいます

着やせすることは、 個人的な体型や雰囲気によるものだと思ってはいないでしょうか

『着やせする人は、体型が恵まれていて
ファッションも良く知っている人の特権みたいなもので
モデルでもない私なんか、全然関係ない…
若くもないんだし…』

もしかして、こんな風に、しょんぼりしていませんか?

勿体無いですっ!!!

一般に、着やせする人というのは

顔が小さめで、腕や足が胴体よりも細く、 服を着るとサイズよりもずっと痩せて見えるタイプの人ですね

また逆に、着太りする人もいます

顔が丸く大きめの人で、露出する部分の腕や足が張っていて 腕や足の太さが目立つ人は、サイズよりも大きく見えがちです

肉体をじかに見えるときは 立体的に見えるので、サイズがどちらかといえば大きめに見えるそうです

服を着ると平面的に見えるために 着太りしたり着やせしたり…

着こなしの効果によって、見え方が色々変わってくるのです

私の友人は154センチくらいなのですが、36キロ程度しかなく 非常に細い人でした

彼女は ほほ骨が高く、丸顔であったために、肉体よりもふくよかに見えていました

片道三時間もかけて、実家から登校する彼女は 5時前の始発に乗って都内まで出てくるために、着ているものがスゴイ!(笑

コートを脱ぐと 厚手のジャケット、普通のサイズのセーター、厚手のシャツ

それこれを、暖房が効いた教室で脱ぎ捨てていくわけですが

厚手のシャツを脱ぐと 5号から7号サイズの彼女のセーターなどを、ちゃんと下に着ているのです(笑

彼女サイズにまで脱ぎ捨てると、非常に細いことがわかるのですが

それほどに着込んでいても痩せ型であった彼女は モコモコに着込んでいるようには見えず

顔が細すぎないおかげで、着込んでいるときの印象は少し細めの人という感じ

胸は ペチャンと、平らに見えていました

彼女サイズのときは

非常に細いけれど、なぜかバストトップが高くなったように見える…

毎回、脱ぐ前の感じと、脱いだあとの違いに、クラスでも話題になっては

胸がもっとあるように見えるのは、顔が丸いからだねぇと

盛り上がっていました

「鶏ガラみたいだよなぁ…」とよく言われていたのが、懐かしく思い出されます

その彼女の卒業制作は、見事にスリムなチャイナドレスでした

卒業後、何年もして結婚したときの二次会に

卒業制作の真っ白なチャイナドレスで現れた彼女は…

周りから嘆息が漏れるほどの、すばらしいS字の曲線美でした!

彼女の細さは、百も承知でしたが…

細さよりも、女性らしい曲線のほうが美しく見えて

バストやヒップも豊かに見え、羨ましかったのを覚えています

卒業制作は、自分サイズで作りこんで勉強した、二年間の集大成です

ですから、彼女の手作りのチャイナドレスが

「ゆとりも着丈も全てが、彼女を輝かせるサイズ」になっていて

彼女の曲線美を十二分に表現しているのは当たり前なのですね 顔の作りは、着やせ、着太りに、非常に大きく関わっています

しかしです 人間の視覚というものは、案外単純な働きをするもので

全体のすべてを瞬時に捉えて、 すぐに正確な判断をすることは出来ないのだとか…。

顔の表情や全体からくる雰囲気を判断し それから気になるところをチラッと見る そのときに、印象がはっきり脳にイメージが付けられてしまうと…

その印象が正しいのかどうかは関係なく (ここすごいと思いませんか?『無関係に』ですよ?)

第一印象に添ったイメージで 全体を漠然と見ていくという流れがあるそうです つまり、第一印象が その後を決定付けるといって、過言ではないということです

今回は長くなるので、ここまで イメージが人の印象を決める最大の要因になるということを 大まかに説明して終わりにいたします