お呼ばれ服に自信が持てる、魅力あふれるアニバーサリーに

HOME製品一覧最高級ジョーゼット>高級素材セール(2)

高級素材セール(2)

前売り予約棚卸しセール

特別割引、手捺染の最高級品・手捺染はこちらのーページで

手捺染 赤地にとび柄

赤 とび柄赤 とび柄
完売いたしました
ランクAの価格表を見る

手捺染 ダリアパープルにとび柄

手捺染 ダリアパープルにとび柄手捺染 ダリアパープルにとび柄
完売いたしました

暗い紫に、明るい色でポチポチと飛び柄が入っていて、大変おしゃれです。ワンピースなら1着分スーツで1着分

ランクAの価格表を見る終了品終了品

この茶色は現在お取り扱いしておりませんが、飛び柄の風合いをご覧くださいませ。

手捺染 ピンク地にとび柄

ピンク とび柄ピンク とび柄

ピンクの葉っぱの模様がストライプの生地に入っています。発色の美しいお色で華やかです。ワンピースなら1着分、スーツなどに

完売しました

ランクAの価格表を見る

プリント各種
手捺染ではありません

プリント各種プリント各種プリント各種プリント各種プリント各種プリント各種プリント各種プリント各種

全く透けないのでどんなアイテムにも加工可能です

完売いたしました

ピンク地に花柄

ピンク地に花柄ピンク地に花柄白地に花柄白地に花柄

花柄の色違いです。ピンクは多めにあり、何でも出来ます
完売いたしました

ランクCの価格表を見る

葉っぱのような幾何学模様

葉っぱのような幾何学模様葉っぱのような幾何学模様

オレンジとブルーの花柄が大変美しい色あいです。シフォンワッシャーという素材で軽くシワが入っています

ワンピース、ジャケット、アンサンブルなど何でも作れます
(※ワンピースの時はペチコートが必要です)
完売いたしました

手捺染 黒地にハートの紫

手捺染 黒地にハートの紫手捺染 黒地にハートの紫
手捺染 黒地にハートの紫手捺染 黒地にハートの紫

ところどころにピンクっぽいのは織柄で、光る素材が織り込まれています。個性的な装いにいかがでしょう

プリーツを寄せるとハートの模様は畳まれて、一見わかりにくくなりますが、バストのあたりなどトップの場所では模様が浮き上がるように見え、トップアップ効果も期待できます。透け感はまったくありません

同じようにチュニックなら1着、ブラウスで1着、スカート1着のどれかしか残りがありません

最後に

手染めをする場合に必要なものは、生地を固定して広げる台。生地は通常46メーターで織られます。それを半分にして、23メーター、23メーターにして生地を台に固定します

つまり、横に長い生地の上端を台の丈夫に固定し、生地幅をだらっと下がるようにして、染めの準備完了。柄に応じて、例えばピンクの色のところだけ、抜き出した木枠を作る。

グリーンなら、グリーンの部分だけ。木枠は一色だけしか出来ないので、色の数分だけ木枠が存在する。印刷で言うなら、版下と同じ役割が、木枠ということ。

ブラウス

肩幅くらいの木枠を生地幅の長さで、肩幅分ずつ23メーター染めていく作業を行う

優秀な職人じゃないと、微妙に柄がずれてしまう
真っ直ぐに柄が通って、こんなに色が美しいのは、本物の職人さんが丁寧に染めたから…

色の数だけ、木枠を持って染めるので、8色使っていれば、8往復23メーターを行き来し、木枠に付いたローラーが60度、70度の高温で染める

職人さんは、汗だくで手ぬぐいを頭に巻いて、手には生地を汚さないように
手袋をして塩を舐めながら、一つ一つの工程を行う

職人さんの作業現場を一回でも見たら、絶対安くして欲しいとは口に出来なくなるほど、過酷な仕事なのだそうです

そんな仕事をさせる生地が、駄物であるわけないですよね?
上等な生地に、時代を狙った意匠の柄を、優秀な職人さんを使って染めさせたもの…

そんな生地が先を争うように売れた時代が、バブルの全盛期…

木枠を色の分だけ作るお金、柄に投資するお金、染料も良質なものを使い 職人の給金…。

本当に多くの手間と資金を投資して出来上がる手染めの生地です 1メーター、5000円は下らない、もっと良い物は1万5千円、2万円もしたようなそういうクラスの生地です

アパレルメーカーは、絶対手が出せないクラスの生地です

プレタポルテというクラスになると、スーツで70万以上の金額を取られます

私も一度、プレタポルテの仕事をしてみたいと思い、アポ取って 営業に行きました

もちろんお仕事もいただきましたが…

手縫い作業の嵐で、下職のおばさんたちには出来ないレベル…

私が手縫いをしたら、数をこなせない。

あえなく頓挫しました^^;;

また違う会社にお電話して営業したら…

「あなたの縫うスーツは、いくらの上代(売値)ですか?
うちのは安くて70万。高かったら200万はするのですよ?
そういうレベルの服を縫ったことがあるのですか?」

丁重に世界が違うことを教えていただきました。

そういう世界で使われる生地のご紹介です

ぜひ、なくなってしまわないうちにお目当ての生地でのオーダーをお願いします

だって、こんな値段でプリーツのオーダーが出来るなんて 絶対ありえないです

問屋の社長さん、7月の決済までに少しでも在庫を減らしたいのだそうです…

生地問屋というのは、多少気分屋さんのところがありますので いつ何時気が変わるか知れません

見切って吐き出そうというまでに、もう4年も付きあってます(笑)

すべての生地がなくなりました