大きいサイズ 婦人服

HOME > 色見本・資料請求

色見本・資料請求

布見本はパーソナルカラーに分けてお届けします⇒1,000円

色の見本

資料は無料でしたが、手作業で作るために
時間も労力もかかり、大変なので1,000円にいたします
一万円以上のご注文いただけたときには、
生地見本の1,000円は完全返還させていただきます
シルキー110の生地見本は差し上げています
(シャンタンの色見本は終わりましたら返却してください)

シルキー110の圧倒的な色数をスカーフのページでご確認くださいませ90色のバリエーションでご紹介しています

色見本、資料のご請求はコチラから
お客様のレビューを読む

生地の性格について

プリーツはプリーツの山谷の間に空気がたまるので 保温効果が良いのが特徴です
プリーツの保温効果と言う事を踏まえたうえで 素材を決定する時のアドバイスを簡単にまとめてみました

一般に、暑苦しく感じる素材と言うのは、冬は冷たく感じられ、 素材の持つ限界を、着る人もお感じになるということが、ありがちです
単に、高い生地が良い物だからと言うことではなく
素材の持って生まれた性質が服にした後も着心地として現れると感じております

安い生地は生地そのものが安くするための工程を、
どれだけコストダウンできるかというコストをさげることを第一義にして作られます
着心地は二の次として作らていると、お考え頂いても宜しいのではないでしょうか

高い生地はデザイナーの名前を利用したものとか柄が何か意味があるものとか、
デザイナーズブランドという看板のお値段とか付加価値があるかとも思いますが

一般論で、高い生地というのは
工程が多く、手間ひまをかけ、良くするために時間とエネルギーを使って
高額を請求されているとお考え頂いてよいかと思います。

ブラックフォーマルは、業界でナンバーワンのダブルジョーゼットです

ブラックフォーマル(喪服)を着ている時間というのは、お通夜から告別式まで長い時間ご着用になるので、
プリーツの動きやすさ、疲れない機能性は高いご評価をいただいています


下に裏地なども付きませんし、ペチコートをはく必要もないので
普通の裏地つきの服に比べたら、多少は涼しいかな?程度です

私の亡き父の法要は、東京で6月のはじめに執り行われるのですが
ジャケットとタイトスカート、ブラウスと着ていって、まあ多少ジャケットを暑いとき
脱ぐ程度とそのくらいの感じです

保温効果は強い素材で、冬製品ですがジョーゼットの
質感もあわせ持っているので暑苦しさは少ないです
スカートは涼しい素材では有りませんが、一年中使用可能です

夏に涼しいブラックフォーマルをお考えの方には
ジョーゼットの生地で、黒の無地もあるのでジョーゼットの黒のほうがお勧めです

濃い染めで染めこんだ、漆黒の黒がブラックフォーマルの売りですが
ジョーゼットの黒は、単なる黒なので、平たく言うと、羊羹色(ようかん)というか

真っ黒と比べると多少の見劣りはする生地ですがプリーツの
山谷が加工されると、プリーツの出っ張っている山の部分の陰が谷の部分になるので
影になる分黒く見えてプリーツ後は、それほど安っぽく感じられることは無いです

ブラックフォーマルの濃く染めた、漆黒のプリーツと
ジョーゼットの単なる黒を合わせても違和感は感じられないです

大きいサイズの方には、体型カバー力で大変高い評価を頂いています
ダブルジョーゼットのドレープのしなやかさが
キレイに整える効果を最大限に発揮します

漆黒の高級感から、ほっそりした小さいサイズの人にも評価が高い素材です
ふっくらと見せる、プリーツ効果も高く、平坦に見えがちなボディーラインを
トップが高く、ふっくらさせて見せてくれますので、お勧めです

立ち姿も、座った時も美しいプリーツの機能美

カラーフォーマル|シャンタンは、高級なフォーマルでも多用される生地

素材のシャープなイメージがとても良いと
ご好評いただいています人気商品です

素材がすでにシャープなイメージが強くあるので
体型カバーをしたい大きいサイズの方にも大変人気が有ります

ワンピースなどにすると、凸凹したぽっちゃりラインを綺麗に整え
シャープにすっきりさせてくれるので安心アイテムとして、大活躍します

逆に痩せた方には、多少無理が出てしまう素材かもしれません
シャープなイメージが、ほっそり感を強調しすぎてしまうかもしれません

生地に張りがあって、厚手なので暖かな着心地に感じられると思います
結婚式の主催者側のお衣装として、お勧めしています
色が綺麗である事、生地の素材が、本来大変高級なものであることがあいまって主催者としての気品をお届けできる素材でございます

ただ、グアムの娘さんの結婚式に、そのとき限りの限定商品の
シャンタンの薄手の生地でオーダーされたお客様がいらっしゃいましたが
薄手にして、ぎりぎりかなぁと思ったものです

薄手のシャンタンも探しているのですが、繊維業界は仮死状態ですので
生地の種類が非常に少なく、未だ見つかっていません

暑いところでのご使用では、お勧めできない部分があるかもしれません

ジョーゼットは、無地、サテン、織柄もの、柄ものなど多数取り揃えております

織り糸が拠られていて(ねじってあるのです)、肌に触ったときのドライ感と、
風通しのよさ、発汗性、速乾力など強く持っている元々夏素材の生地であります
ただ、普通の服ではジョーゼットは透けるので、そのままではシースルーになって
結局は、中にキャミなど着なければなりません

かえって暑く感じられてしまうというのが
普通の服の場合では起こってしまいがちです

プリーツをかけると、二重にしたとき程度に透け感がなくなりますので
濃い色の下着でなく、肌色のものにしていただければ、
どうにかブラジャーだけで、ブラウスを羽織れる程度には濃くなります

中に着ていない分、ジョーゼットが本来持っている
ドライな感触を大いに味わっていただけることと思います

濡れても色が変わらないのが、ジョーゼットのもう一つの特徴です
速乾性もありますが、汗をかいていると外から分かるのは
多少お洒落とはいえなくなる部分もございますので
汗かきな方、また暑い気候の地域の方には、本当にお勧めです

大きいサイズの方にもお勧めです
体に適度にフィットし、ラインを優しく整え
ジョーゼットが持つドレープなしなやかさが、着心地に違和感を感じさせないでくれるので大変気持ちよく着ることができる素材です

細いサイズの方にも、同じことが言えます
柔らかい素材の印象が、ほっそりしたイメージを柔らかくしてくれますので、プラスに働きます
プリーツが魅せる魔法の、もう一つの技
ふっくら見せる魔法が効果を出しやすいのもジョーゼットの素材ならではです

シルキー110は、100色以上有ります

シルキー110は裏地です
シルクタッチに開発され、裏地でも高級なレベルです

長所は、色の発色が大変美しく、色数の多さで配色などで遊ぶことが出来ます。また、丈夫なのでシミになりにくく、軽さもあって、人気の高い素材です

短所は、裏地である限界もあって、濡れると黒くなってしまうので
汗ばんだ時期になると、ツートンカラーになって恥ずかしい思いをしたとの
ご感想を頂くこともございます。

シワになりやすいという欠点が多少ございます
ワンピースやブラウスなどで、長時間座っているとウエストに横ジワが出来てしまうということも多少あるようです
お洋服は特に重みがかかったり、力が加わったりするので
余りおすすめしていません

小物では、シルキー110を活用して作っています

ご相談・生地見本のご請求フォーム

お名前* (全角)例:山田太郎
フリガナ* (全角) 例:ヤマダタロウ
E-mail * (半角) 例:pleats@oh-p.or.tv (確認用)
郵便番号 (半角)例:243-0012
都道府県・市区町村・番地 (全角)
ビル名 (全角)
電話番号 (半角数字とハイフン)例:0123-345-6789
電話番号(携帯) (半角数字とハイフン)例:090-1234-5678
お問合せの内容
お見積もり・お問合せ 内容

お電話の受付での確認事項

プリーツ工房 OGAWAの受付窓口はすべて店主の小川が一人で承っております

ほとんどの場合において、私は家内で仕事をしており、引きこもっています(笑)お電話の時間を、11時から20時までと設けさせていただいているのは、在宅はしているけれど、生活の時間を確保したいことと、お問い合わせにお答えできる稼働時間にしたいことだけが理由です^^

たまたま出かけているときは、携帯電話にご連絡くださいませ

ただし、アイテムの数も多く、素材も色々あり、サイズごとに価格が変わるなど外出先ではお答えできないことが多く、細かなお返事は自宅に戻ってからになってしまいますご了承くださいませ

価格の見積もりは、生地やデザインで異なり、お客様のサイズでも変わります

お客様とのお話をさせていただき、お求めのものの生地見本をお送りいたしましてどの生地でお仕立てするのか、デザインはどのようなものにするのか、サイズのこと、また体型などのお悩みなどお聞きして、アドバイスさせていただいております

皆様に、良いものを少しでもお安くご提供するために加工工程の明細を全て調べた後、ご回答いたしますので、次のようなステップが必要となります

ご案内>

1、お客様のご相談を承る
2、価格見積もり等の明細を調べた上ご回答

ご相談内容により数回のお電話が必要となる場合もございます

ご来店の方へのご案内

大変申しわけございませんが、私どもは店舗として運営をいたしておりませんですが、ご訪問くださることは常に歓迎しております 宮城県という僻地までご足労頂くようになってしまいますが、もしお越しくださいましたら光栄です

ただ、私と夫とでご注文のすべてを製作しておりますので工場への出荷や作業の工程の途中など、手が離せないときもございます

ご訪問のときは、事前にご予定をお知らせくださいますようお願い申しあげます生地を体に当てて選びたいなど、ご要望に応じさせていただいております